スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「剣太」君を紹介します

 河合完先生が、3月頃から稽古につれてきている友達を紹介します。
 名前は、「剣太」君です。
IMG_3969.jpg
 河合完先生が、他の道場で使われていたものをいただいたそうです。つけている防具は古いものですが、体は、がんじょうです。腕をぐっと上げて上段に構えることもできますし、背をいろいろな高さに変えることもできます。

 初めの頃は、剣太君と稽古をする子の姿は見られませんでした。しかし、だんだん慣れてきて、最近は面をつける前に、剣太君と稽古をする子も増えてきました。
IMG_3964.jpgIMG_3965.jpg
 剣太君は、背を高くして、大人の稽古相手になることもあります。いくら打たれても痛がらないので、左右面を100本連続で打つ人やツキの練習を繰り返す人もいます。

 河合先生は、「みんなにどんどん使ってほしい」と言っていました。でも、注意することがあります。
 
 下の写真のように大勢で一度に打つのはやめましょう。何人かで同時に打とうとすると、剣太君ではなく他の人をたたいてしまうことがあるかもしれません。剣道は、1対1で勝負するものです。剣太君と稽古する時には、順番に一人ずつ打つようにしましょう。
IMG_3970.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。