スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入間市市民体育館多目的室での初めての稽古

 毎年3月から4月の初めにかけては、小学校の行事の関係で体育館が使用できません。この期間の稽古量を確保するために、水曜日の夜は入間市市民体育館の多目的室を借りて稽古を行うことにしました。多目的室は、入間市武道館ができる前には剣道の稽古が盛んに行われていた場所で、武道場として建てられたものです。吉川会長が、「以前には入間市剣道連盟の稽古会や7時ころからの早朝稽古なども行なわれていたことがある」と話されていました。
 
 ただ、心配だったのは、あまり広くないので参加者が多いと危険ではないかということでした。3月7日の稽古には、中学生以下15名、一般4名が参加しました。隣で稽古をしている子にぶつかったり、転んだりした子がいましたが、大きなけがはありませんでした。また、狭くて動きにくいということもありませんでした。逆に、体育館の時よりも話が聞きやすく、まとまって稽古ができました。道場で稽古をしているような雰囲気があり、普段より集中度が高く、充実した稽古となりました。あまり広くない場所の方が、剣道の稽古に向いているように感じました。

※連絡 
 14日の稽古の時には、福田武道具さんが来てくれて竹刀等の販売をしてくれるそうです。

※連絡その2
 28日の稽古場所を、入間市武道館から入間市市民体育館多目的室に変更します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。