スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒稽古

 平成24年の初稽古は、1月7日(土)でした。それから15日(日)までを寒稽古の期間とし、5回の稽古を行いました。今年の冬は寒さが厳しく床がとても冷たい中での稽古が続きましたが、7日が27人、11日が22人、14日の午前が28人、14日の夜(この時が一番の寒さ)が17人、15日が29人と、毎回たくさんの参加がありました。
 
 寒稽古最終となる15日には、藤沢剣友会の渡部先生と東金子剣友会の近藤先生にお出でいただきました。他の剣友会の先生に稽古に参加していただくと、子どもたちも一般の会員も、普段とは違った緊張感の中で充実した稽古を行うことができました。
寒稽古1
 
 また、二本木公民館の共催で7日から行っていた初心者教室の受講者の3人もこの日の稽古に参加しました。公民館の大会議室よりもかなり寒い地区体育館での稽古でしたが、がんばって竹刀を振ることができました。
寒稽古2

 稽古終了後、宮寺公民館に移動して寒稽古納会を行いました。公民館には、会員が持ち寄った野菜を使ってお母さん方が作ってくれた温かいすいとんが用意されていました。とてもおいしいすいとんで、子どもも大人も何回もおかわりをしていました。また、例年のことですが、先生方のおかわりを運んだり、進んで後片付けをしたりする小中学生の立派な姿が見られて、うれしく感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。