スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林千加さん ママさん大会でベスト8進出

 11月20日(日)、武蔵台剣友会主催の第27回ママさん剣道大会が、日高市立武蔵台小学校体育館で行われました。
開会式


 大会は、三段以下の部・四段以上の部・シニアの部の3つの部に分かれてトーナメント戦を行い、それぞれの部の1位となった3人で決勝リーグ戦を行って優勝者を決めるという方法で行われました。
 開会式の前に選手と関係者全員で記念写真を撮影したり、開会式の後に全員で準備運動を行うなど、ママさん大会らしい和やかな雰囲気で大会が始まりました。
開会式2
準備運動

 宮剣からは、市川さん・岩田さん・林さん・丸山さんの4選手が三段以下の部に出場しました。4人とも、他団体の人と試合をするのは初めてで、試合前は不安で一杯の様子でした。
 試合が開始されてから第2試合目に林さんが登場して見事に勝利を納めました。次に登場した丸山さんもコテ2本を取って続きました。岩田さんと市川さんは、勝つことはできませんでしたが、立派な試合を行うことができました。
 林さんは次の試合にも勝利し、見事ベスト8に入りました。初めての大会参加で、すばらしい結果を残すことができました。おめでとうございます。
試合
 勝てたうれしさや負けた悔しさなど、一人ひとりの気持ちは少しずつ違っていたのでしょうが、4人とも参加してよかったという表情をしていました。大舘さんも含めて、ぜひ来年も参加してください。1年後には、どのような試合ができるようになっているのかとても楽しみです。

 閉会式の審判長講評で、審判長の藤牧守芳先生から「剣道は旗が上がるだけでなく、所作や姿勢も含めた勝ちが本当の勝ちだ」というお話がありました。お母さん剣士だけでなく、小中学生や一般の剣士も藤牧先生が話されたような美しい剣道を目指したいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。