スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回埼玉県剣道大会(小学生の部)

 9月21日(土)、埼玉県立武道館において第11回埼玉県剣道大会(小学生の部)が行われました。今年は、入間市剣道連盟の代表選手として宮寺剣友会から11名が出場しました。
1h25県大会


 個人戦には、以下の7人が出場しました。
 3年生の部  小谷野晃 細渕奨馬 細渕真哉
 4年生の部  朝倉虎太郎 徳永眞翔 細渕彩乃
 6年生の部  細渕健斗
 
 結果は、6年生の細渕健斗君が優勝、3年生の小谷野晃君と4年生の徳永眞翔君がベスト8に入りました。
 6年生の部の決勝戦は、入間市の選手同士の対戦となりましたが、延長戦の末に健斗君がコテを決めて木下緑士君(豊岡剣友会)を破り、見事優勝しました。健斗君は、3年生・5年生のときに続き3回目の優勝となりました。大変すばらしい結果です。(4年生の時は木下君が優勝したので、この学年は4年間入間市の選手が優勝し続けました)
 小谷野君と徳永君は、入賞まであと一歩のところで惜しくも敗れました。h25県大会2

 団体戦には、以下の4人が出場しました。
 Aチーム  細渕晃也(副将:6年)
 Bチーム  若原大陽(先鋒:3年) 大舘璃桜(次鋒:4年) 市川結衣(副将:6年)

 4人は、それぞれのチームで自分のポジションの役割をしっかりと果たすことができました。結果は、両チームともベスト16でした。県大会の舞台でも緊張することなく、自分のよい部分を出すことができていました。
 また、一緒に稽古をしている小山洋生くんも、所沢市剣道連盟のAチームの次鋒として出場していました。

 こんなにたくさんの子が県大会で活躍する姿を見ることができ、誇らしい気持ちになりました。来年の大会で健斗君に続いて入賞する選手が出てきてくれることを期待します。また、団体戦は、見ていてとても興奮しました。団体戦で入賞したら盛り上がりますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。