スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入間市武道祭

 今年も、2月11日(月)に入間市武道館において武道祭が行われ、小学生5人、中学生1人、一般3人、計9人が参加しました。剣道連盟は、例年約80人参加していますが、今年は他の武道団体の参加者も多く、全員で300人近くの参加がありました。

 午前9時に開会し、あいさつの後には、東藤沢の吉井先生と金子の弘中先生が日本剣道形を披露しました。

 その後は、各団体ごとに分かれて稽古を行いました。剣道連盟は、武道館の南側3分の1を使っての稽古でした。準備運動の後、一般の先生方が元に立ち、小中学生が切り返しと基本稽古を行いました。その後は、小中学生と一般に分かれて地稽古を行いました。短い時間でしたが、宮寺の稽古で身につけたことを、いつもとは違う相手に試すことができました。

 稽古後には、他の剣友会の何人かの先生と話をしましたが、「他の剣友会の先生にかかっていく積極さがある」「思い切りのよい強い打ちができる」と宮剣の小中学生に対するお褒めの言葉をいただきました。 

 稽古が終った後は、なぎなたや弓道などの他の武道を体験しました。そして、12時少し前からの閉会式に出た後、みんなで楽しく昼食を食べて解散となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。