スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座禅会

 7月27日(日)午前7時より、入間市二本木の長福寺で座禅会が行われました。宮寺剣友会の座禅会は、20年以上も前から夏休みに行っている行事です。今年は、大人18人・子ども22人、合計40人もの参加者がありました。また、宮寺剣友会相談役の田中龍夫市長にもご参加いただきました。

 まず、僧堂に入る前に、恒例となっている鐘つきをさせていただきました。
h26zazennkaikanetuki.jpg

 座禅を始める前に、ご住職より座禅の仕方を教えていただきました。「調身・調息・調心」という座禅の三要素について説明していただきましたが、1つめの調身(身体を整えること)で大切なのは、土台をしっかりし背筋を伸ばして肩の力を抜くことだとのお話があり、剣道の構えとまったく同じだと感じました。

 1回目の座禅は、15分程行いました。1回目が終わったときには、小学校入学前の子や低学年の子が多いのに、体を動かしたりせきをしたりする人もなく大変上手にできたとほめていただきました。
h26zazennkai1.jpg

h26zazennkai2.jpg

h26zazennkai3.jpg

h26zazennkai4.jpg

 2回目は集中できなくった子がいたそうで、1回目よりもやや短い時間で終わりましたが、声を出す子もなく小さい子たちも立派に座禅を行うことができました。
 
 最後にご住職より、当たり前のことを当たり前にすることは簡単なようで難しい、でもそれを続けることが大切であるとのお話がありました。家から出たときだけでなく、家にいるときにも、「おはようございます」「おやすみなさい」「いただきます」「ごちそうさま」などのあいさつをしっかり行い、子どものころから思いやりのある優しい行動がとれるようにしようとの言葉をいただきました。
スポンサーサイト
ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。