スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30回明治神宮少年剣道大会

 9月29日(日)、明治神宮武道場至誠館において第30回明治神宮崇敬会支部対抗少年剣道大会が行われました。東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県から40支部の参加があり、入間支部は次のメンバーで試合に臨みました。

 先鋒(小学生) 木下緑士
 次鋒(小学生) 小山陽生
 中堅(小学生) 細渕健斗
 副将(中学生) 細渕裕也
 大将(中学生) 坂本洋希

 予選リーグは、埼玉県の川口支部と神奈川県の大和支部との対戦でした。初戦は、川口支部との試合で、4対1で勝ちました。そして、大和支部との試合も5対0で勝利しました。入間支部は、2勝0敗で決勝トーナメントに進みました。この大会には強い選手がたくさん参加するので、予選リーグを突破するのは難しいことです。入間支部が決勝トーナメントに進んだのは、久しぶりのことだそうです。

 決勝トーナメントでは千葉県の浦安支部と対戦しましたが、3対2で惜しくも破れ、ベスト8に入ることはできませんでした。

 高いレベルの中での試合は、参加した選手にはとてもよい体験になったようです。また、他の選手の試合を見ることも、よい勉強になったでしょう。ぜひ、来年も宮寺剣友会から参加できる選手がいるといいです。
スポンサーサイト
ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。