スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸武館剣道大会 小学生の部ベスト8

 3月31日(日)、入間市武道館において第39回幸武館剣道大会が行われました。宮寺剣友会からは、小学生の部と中学生の部に1チームずつ参加しました。

 メンバーは次の通りです。
 
     小学生の部    中学生の部
 
 先鋒  細渕彩乃     市川 純
 次鋒  市川結衣    北沢妃奈乃
 中堅  細渕晃也     丸山 輝
 副将  熊谷亮汰     佐藤滉也
 大将  多賀麻央     細渕裕也

 小学生は、1回戦で立川竹の子剣道会チームと対戦し、3対2で勝ちました。2回戦は、2月に合同稽古を行った瑞穂町剣道連盟との対戦でした。厳しい試合になるかと思いましたが、積極的に試合を進めることができ、3対1で勝つことができました。3回戦は、青梅錬心館と対戦し、0対3で惜しくも敗れてしまいました。青梅錬心館は決勝まで進んだ強豪チームでしたが、宮剣の5人には攻めようとする姿勢が見られ、しっかりと戦うことができました。しかし、攻め合いの中で居着いてしまった一瞬や技を出した後にふっと気を抜いてしまった一瞬を打たれていました。強いチームの選手は、すきがないだけでなく相手のすきを逃さずに打つことができます。宮剣の子たちがこれから身につけていかねばならないことだなと感じました。

 中学生は、1回戦で立川市の若葉町剣道部と対戦し、3対2で勝ちました。2回戦は、昭島中央剣友会と対戦し、0対5で敗れました。昭島中央剣友会は、今大会の優勝チームで大きな力の差がありました。でも、強いチームと対戦できたことは、よい勉強になったはずです。宮剣の中学生チームは1年生主体の若いチームですので、これからの飛躍に期待します。 

 小学生チームは、今回ベスト8という結果を残すことができました。幸武館剣道大会には毎年参加していますが、ベスト8に入ったのは初めてのことです。来年は、ぜひ入賞を目指してください。
スポンサーサイト
ご訪問ありがとうございます
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。